What's new


manabeshima

私たちは平成19年に神戸から真鍋島へ移住しました。
島での子育て環境、温かな地域コミュニティ、そして島の人を好きになって始めた島暮らし。当時は次の移住者が続いてこそ成り立っていくと考えていましたが、地域の維持は定住のみによらずと改めたことが大きな転機となりました。

真鍋島を知ってもらうことから始め、次に島の関係者になってもらうこと。さらにその先に定住があるかもしれない。
楽しいところに人が集まりそして次の展開がある。
100の交流は1の定住に値する、そんな風に考えるようになりました。

Coffee

交流の拠点づくり。
それは、単に泊まれたり食事ができたりということではありません。
私たちが相談窓口であり、ときにはコーディネーターの役割を担うことだと考えています。

移住者だから共感できること理解してあげられること、乗れる相談ごとがあるとしたら、それに対応することが最も大切なサービスとしています。
島での活動、移住等なんなりとご相談ください。